親を悲しませない為の育毛

髪の毛が薄くなってくると自分自身で将来が心配になってくるだけでなく、両親にまで将来を心配されてしまうものです。
私も社会人になって久しぶりに実家に帰ってみたところ、薄くなった私の上の毛を見て、本当に衝撃を受けた顔を両親にされてしまいました。
その髪の毛はどうしたのかと聞かれて、髪の毛が抜けて薄くなってしまったと言うと、自分で剃ったのかと思ったと言われてしまうぐらい見た目が変わっていたのです。
その事を両親が悲しそうにしており、悲しい目で私の頭を見られていると、何か悪い事をした様な気持ちになってきて辛かったです。
彼女は居るのかと聞かれたり、結婚は出来そうかと聞かれてしまって、両親を不満にさせてしまっているというのが悲しくなってきてしまい、これから薄毛対策を頑張るという事を両親に伝えておきました。
これは結果を出さなければいけないと思って焦っていたのですが、育毛に関する知識が何も無かったので、まずは髪の毛を増やす方法を、インターネットなどで調べる事から始まりました。
普段から摂取した方が良い栄養成分について勉強しなければいけませんでしたし、血行を意識して仕事中の座り方まで変える様にしていました。
育毛製品の使い方も、利用する時間帯まで考える様にしており、色んなこだわりを組み合わせる事によって薄毛対策を進めていき、なんとか髪の毛が増えてきてくれている状態です。
やはり努力が報われるのは気分が良いと思えます。