まずは薄毛の原因をチェックしましょう

薄毛の原因や症状が男性と女性では異なると説明しましたが、原因が異なるということは、その対策も異なるということになります。
男性に多く見られる男性型脱毛症の特徴は頭頂部や生え際が薄くなることです。
これは頭部の毛髪全体が薄くなる女性の薄毛とは異なる症状です。
また、男性型脱毛症は男性ホルモンが酵素と結び付くことが原因ですから、女性の薄毛とは原因が異なります。
原因が異なることで使用する育毛剤も男性と女性では当然ながら変わってきます。
男性の薄毛の場合は男性ホルモンと結びついて脱毛ホルモンをつくり出す酵素「5αリダクターゼ」の働きを抑えるような製品を使うのが一般的です。
これによって男性ホルモンが脱毛ホルモンに形を変えることがなくなるので脱毛を止めることができます。
しかし、女性に多く見られる「びまん性脱毛症」は男性ホルモンによって引き起こされるわけではないので、男性ホルモンを抑えるタイプの製品を使っても意味がありません。
それよりも乾燥しがちな頭皮に潤いを与えることで頭皮環境を整えるような女性用の製品を使ったほうが効果を期待することができるでしょう。
ただし、女性だからといって男性型脱毛症にならないとは限りません。
女性の中にも少なからず男性型脱毛症(この場合、女性男性型脱毛症と呼びます)の人が存在します。
そのような場合には、女性用のものではなく男性用のものを使ったほうが効果が出ることがあります。
このように、育毛剤を使うときには原因に合った商品を選ぶというのが非常に大切になります。
ただし、一般の人が自分の薄毛の原因を突きとめるというのはとても難しいことです。
冒頭で男性と女性の薄毛の症状は異なると書きましたが、女性で生え際が上がってきたら女性男性型脱毛症の可能性があります。
しかし、これもあくまで可能性であり、しっかりとした原因を突きとめるためには病院の皮膚科や発毛専門サロンなどで検査を受けるのが一番でしょう。
原因を確定できれば、それに対する解決策も分かるので育毛効果が出やすくなります。