育毛のために若い頃からシャンプーに気を使おう

ベッドや風呂で何本もの抜け毛を見たときに、このままでは将来薄毛になることを懸念する方は少なくありません。
しかし、抜け毛があること自体は自然なことで、人間が一日抜ける毛の本数は約100本とされています。
無論、これには個人差がありますし、季節によっても変化があります。
ですから、大抵の人は抜け毛をそれほど心配する必要がないのです。
とはいえ、あまりに抜け毛の本数が多すぎたり家族に薄毛の方がいると、若い頃からでも育毛を行うことを検討しておくべきです。
高価な育毛剤を使う必要はありません。
抜け毛の原因となる要素を取り除くだけでよいのです。

抜け毛の原因として考えられるのは、多くの方が何気なく使用しているシャンプーです。
シャンプーに髪によいとされているアミノ酸や生薬が配合されていると、髪を洗うほどに抜け毛を防げると信じてしまいます。
ところが、多くのシャンプーに配合されている石油由来の合成界面活性剤が、そのシャンプーにも配合されているならば問題が出てきます。
合成界面活性剤は汚れを落とします。
シャンプーは汚れを落とすものですが、頭皮や髪を守る皮脂までも落してしまえば、頭皮や髪を外部の刺激から守ることが出来ません。
その結果として炎症やにきびが出来てしまい、抜け毛の数が増加してしまいます。
以上のことから抜け毛予防をするためには合成界面活性剤を使用していない育毛シャンプーを選ぶことです。
ただし、洗いすぎてしまえば合成界面活性剤を使ったシャンプー同様に皮脂を落しすぎるので適切な使用を心がけましょう。

Comments are closed.