女性の育毛について

薄毛というと男性特有なものというイメージもありますが、最近は女性の方にも毛髪の悩みを抱えている人が増えてきています。
その数はおよそ800万人といわれ、日本人女性の8人に1人ほどが薄毛に悩んでいるということになります。
女性の薄毛の特徴は髪の毛が抜けて本数が少なくなるというよりも、髪の毛一本一本が細くなってボリュームがなくなり、地肌などが透けて見えるようになります。
髪の毛が細くなると髪型をセットしてもすぐにペタンとなってしまうので、おしゃれをしたい女性にとってはとても厄介です。
女性の抜け毛や薄毛の原因は男性とは違います。
男性の薄毛の多くは「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるもので、男性ホルモンであるテストステロンが体内の酵素5αリダクターゼと結合してジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンを生み出すことでハゲが進行します。
また、AGAの場合は遺伝的な要因も大きく影響してきます。
一方、女性の脱毛の多くは老化や生活習慣、過度のダイエット、ストレスなどが原因で引き起こされます。
老化によって血行が悪くなったり、過度のダイエットで栄養が不足すると髪の毛の生育に必要な養分が頭皮に運ばれて来なくなってしまうので、髪の毛が育たなくなってしまいます。
また、欧米化した食生活や運動不足などによって血液がどろどろになることでも栄養は頭皮まで届きにくくなります。
そして、女性に特に多いのが過度のヘアケアによるハゲです。
日本人女性の多くは毎日シャンプーをしていますが、市販されているシャンプーは洗浄力が強すぎるため、毎日シャンプーをすることで頭皮が乾燥してしまい髪の毛が抜けてしまいます。
また、パーマやカラーリングなどによっても禿げてしまいます。
このように、男性と女性の薄毛は原因も症状も異なります。
ですから、髪が薄くなった女性が男性用の育毛剤を安易に使用すると効果が得られないどころか、逆にハゲが進行してしまうこともあり得ます。
女性が育毛をするときには女性用の育毛剤やシャンプーを使うようにしたほうが良いでしょう。